Alice Springs & Uluru ②

エアーズロック意外にも見どころ満載だった今回の旅。

ここオーストラリアに来て是非接してみたかった
”アボリジナルカルチャー”

どうしても市内にいると先住民族の影は薄く
西洋人色が色濃くあるのが現状です。
お土産屋さんで目にするドットや円で描かれているアートにも、
彼らの自然に対する思いが色濃く出ているのに、
全く知らない。。。じゃぁつまらないと思っていたので絶好の機会。

アリススプリングスの街にはギャラリーが沢山あります。
それぞれ個性があり、昔の技法を取り入れているものから
ビビッとな色合いでモダンなものまで。
b0197312_19573795.jpg

私達が訪れたギャラリーは”MBANTUA”というモダンな絵ばかりを扱うギャラリー。
メルボルンのモーニングトンというところにも支店があります。
ここではスタッフの方から絵の表わしている意味や秘話なんかも聞く事ができます。

そして、もうひとつ。
私にとっては目がないものです。
”編み細工”
今回運よくクラフトばかりを扱っているギャラリーへも行きました。
Tjanpi Desert Weavers"
ドアを開けたとたん、そこはまさに天国。
興奮してしまい、大分うるさかったと思います。
すみません。。。
b0197312_2065655.jpg

色合いも何もかも素敵過ぎる。
日本の伝統工芸のようなものとはまたちょっとテイストが変わっていて、
できるならば編んでいるところへ行きたいと言ったら、
”遠いわよ”と言われ終了。
しかし、どうやらダーウィン周辺はこうゆうクラフトが多いらしい・・・
りなさんそうですか?

もちろん購入させていただきました。
b0197312_201416.jpg

周りに鳥の羽も編みこまれているんです。
編み細工好きにはたまりません。

アボリジニの人々は今でも自然と対話し砂漠の厳しい環境で生活しています。彼らが話す言語は400あると言われているそう。
私達一般人がそのような方々の生活を見る事、接する事はできませんが、
同じ時を過ごしている者として、
もっともっと彼らの文化や生活を知りたいと思ってしまいました。
[PR]
by gra329 | 2011-09-12 20:22 | Trip

メルボルンでの生活をつらつらと