Birthday Present

今日はとってもとってもとってもいい天気。
すばらしいくらいの秋晴れです!
何か嫌な事があっても嫌じゃない。
そんな気持ちにさせてくれる日でした。

お昼からマーケットに行ってお野菜やお花を買って、
午後からはキャンドルメイキング。
というのも、先日参加したSoy Candle Makingに触発され、
早速トライアルキットなるものを購入。

作り方はとっても簡単です。
今回は、香りはラベンダーで色はアイボリー。
所要時間は大体20分くらい。小さめの小瓶2個作りました。

明日相方ちゃんママの誕生日なので、キャンドルをプレゼントする事にします!
b0197312_1654038.jpg


ラッピングをもう少し習いたい・・・
[PR]
by gra329 | 2011-05-21 16:12 | Candle

KUMATO

単純です。
黒いトマトだから"KUMATO"
でも、誰が付けたんだろう・・・

b0197312_15584948.jpg


ちょっと焦げちゃったようなミニトマト。
味はしっかりトマトでした!
[PR]
by gra329 | 2011-05-18 16:00 | Vegitables

かわいい食器・made in Japan(今は Australia)・オーガニック・・・等
目がない私。

ある日メルボルンの裏小道を歩いていたら見つけた一軒の陶器屋さん。
その名も"BISON"
陶器といってもとってもきれいな色遣いにキュンと!
Australiaで作られている食器たち。

2カ月くらい通っているうちに忘れる事が出来なくなってしまい、
今日は仕事帰り、気分が良かったのでまた足を運んでみました。

相変わらずかわいい・・・揃えたいけど、ちょっと高め。
だけど、今日はなんだかいける気がした。だからいっちゃった。
そこが私の弱いとこ。

それがこちら。
b0197312_1872024.jpg

スープボール

帰り途はスキップしたくなるくらい気分が良くて。
このスープボールを使って食べたかったのが、
スンドゥブチゲ(순두부찌개)。

日本はだんだん暖かくなってきているこの時期。
ここメルボルンでは冷え込みが厳しくなる今日この頃。
そんな時食べたいのが、韓国料理。
熱いのをハフハフして食べたい。
こちらでは、アジアンスーパーがとっても充実していて、
日本の食材もお値段はかなり違いますが、
何でも手に入ります。その他アジアの怪しい食材もちらほら。
せっかくなら本格的に作りたい!と意気込み。
素になるタデギという、いわゆる韓国風ラー油?!みたいなものから。
b0197312_1819124.jpg

これがまたいいにおいで、炒めものに使ってもとっても美味しそうです。

タデギをお鍋でいって香りを出し、お出汁をとお野菜や豚肉を入れて
ぐつぐつさせればあっという間です。
b0197312_1829070.jpg

写真が暗くて残念ですが、
器の色とマッチしてて可愛い☆ナンテ・・・一人で浮かれた今日(5/17)でした。

参考レシピは 
Seoul Navi http://www.seoulnavi.com/special/5000626
[PR]
by gra329 | 2011-05-17 18:31 | Diary

Soy Candle Making Lesson

凍えるような寒さに変わってきた今日この頃。

こちらへ来て少し落ち着き、
退屈?!にもなってきた毎日に色をつけるべく、
One Day レッスンを受けに行きました。

今回は”Soy Candle Making"
日本にいたころも何度かお友達が主催している
キャンドルメイキングに参加させていただいていて
その楽しさを分かってはいたので、
国が変わってもきっと楽しいはず!と胸をときめかせながら
エントリーしてみました。

場所はメルボルン市内にあるCAE(Calture Adalut Education)という学校。
日本で言うコミュニティーセンターみたいな感じです。
意外とこの国、何かを習う。という事にはまだちょっと遅れているようです。
このような学校は知る限りでは一つ?!かな。
一般のコミュニティーでは行われているようですが、
施設としてはあまりまだ発達していません。
だからちょっとお値段高めでも来るようです。

とそんな事はさておき、
お教室はこんな感じ。
b0197312_2040337.jpg

工作室いった雰囲気。
今回生徒さんは12名。皆さんちょっと年上の方が多かったですが、
オーガニックに敏感というか、
天然志向が強い方ばかり。

この講座では、香りや色なども自分で選ぶ事ができ、
その香りや色はどんな成分なのか・・・とか。
質問だらけ。
残念ながらすべて英語の為聞き取るのに一生懸命で
良く覚えていませんが。。。熱心だな・・・と圧倒されてばかりでした。

b0197312_204536.jpg

6つの容器+キャンドルホルダー用のキャンドル4個、あともろもろ
沢山お持ち帰りする事ができました。

久しぶりに夢中になる事ができてとても楽しかったです。

キャンドルを作るとき、素になるチップを溶かして
容器に入れるのですが、
溶かす時普通湯せんなどという方法がありますが、
この講師の方は炊飯器を使用していました。
Cさんどうでしょう?!
b0197312_20531713.jpg



**小ネタ**
Soy Candle特徴
大豆から取れたワックスを主原料に作った100%植物性のキャンドル
空気を清浄に保つ効果があり、タバコの匂いも消してくれます。
パラフィンを含んでいないため、煤が出にくく、
燃焼時間も長いのが特徴です。
[PR]
by gra329 | 2011-05-15 20:54 | Diary

5月になっちゃった

b0197312_16503450.jpg


あぁぁぁもう5月・・・。
気づけばメルボルンへ来て8ヶ月目に突入。。。

ゲゲゲ 早い。
人生年を取るたびに一日が短く感じてしまうのはなぜなんだろう・・・。ハァ

最近お友達と話す事と言えば、
”ビザどうする?”の一点につきます。。。

オーストラリアの場合、ワーキングホリディビザ保持者の場合
期間内に政府で定められた農場などで3カ月以上従事した人に対して、
ビザを1年延長することができるのです。
ただ、その仕事内容と言えば、ピッキングといって
畑の作物を収穫したり、雑草をお手入れしたり、牛や羊の世話をしたり、
等など そ~んなに楽な仕事ではありません。
私の友人も今それに携わっている人たちが数人いますが、
どうやら結構過酷なようです。
なんてったって、現地の人たちがやらない・やりたくない仕事な為に
それをワーキングホリディ保持者にやらせてしまおうという訳。
その代わり従事した者には1年滞在を延ばしてあげるよ!という魂胆。

私の場合、2年目のビザは欲しいけど、農場には行きたくない。
(ちょっと抵抗がありまして。。。)
そうなると、延ばすためにはどうしたらいいか・・・
この悩みが簡単ではないわけです。とっても重い。。。
お金もかかるし、そこまでしてこの国にいたいか・・・とか

考えても考えても答えが出ない毎日に胃もキリキリな時も多々ありますが
今まで、ここまで自分と向き合った事がなかったような。。。
いい事でもあるし、大分疲れますね。。。
スッキリ!したいこの頃が続いてます。

今の生活に感謝をしてこれからも引き続きがんばります。

b0197312_17132756.jpg

[PR]
by gra329 | 2011-05-01 17:14 | Diary

メルボルンでの生活をつらつらと