Lentil as anything

b0197312_2125998.jpg


ここは少し変わっている形態の大衆食堂。
働いている従業員はボランティア
食材は全て企業からの提供品
ブッフェ形式(おかわり自由)で、値段は自分で決められる。

お金がある人は、寄付する気持ちで、
お金がない人は$1でも$2でも。。。払えるだけ。。。
日本にこうゆうシステムでやっている所はあるのかな?!

初めて行ったときは、何を食べさせてくれるの??と思って
期待半分、不安半分でした。
毎日メニューは変わります。
基本的にベジタリアンなので、お肉系は出ません。
その時々ですが、サウスアメリカンやインディアンなどのお料理を食べられます。
b0197312_2115958.jpg


この日は、サラダ・ラザニア・カプシカン豆カレー・ライス・かぼちゃカレーそして、お好み焼き!、インドのデザート。盛りだくさんでしょ?!毎回大体2往復してしまいます。

週末はバンドもきて、素敵な音楽を聴きながら頂けます。
だからか、お客さんの層もユニーク。
一般の人(おしゃれさん多め+ヒッピーとかホームレスとか。貧困層の人たちも多く見られます。

ここはメルボルンで大好きな場所の一つでもあります!

Lentil as anything
[PR]
by gra329 | 2011-10-08 21:22 | Diary

メルボルンでの生活をつらつらと